Sign in

2024年1月20日

Slack内検索の紹介: 公開チャネルの履歴を活用する

Slackの履歴の力をSlack検索で活用する

Slack の過去を解き放つ:Slack 内検索の紹介

Slack のメッセージを延々とスクロールして、あの情報を見つける作業にお疲れではありませんか?お客様の Slack ワークスペースで同じ質問を何度も受けていませんか?「Q, ChatGPT for Slack」の最新機能が、お客様の Slack 履歴から情報を取得する方法を画期的に変える準備ができています。

使い方

  1. 弊社のホームページ(こちら)でログインしてください。
  2. 外部統合設定ページ(こちら)に移動してください。
  3. Slack との統合を行うためのボタンをクリックしてください。
  4. 通常どおり Q と対話してください。

解決する問題点

  • 繰り返しの質問: 同じ質問に何度も答える日々にお別れを告げましょう。メンバーがこの統合機能を有効にすると、Qが引き継ぎ、公開チャネルの履歴に基づいて回答を提供します。
  • Slack履歴の最大化: Slackでのやり取りを資産に変えましょう。この統合により、過去のデータは記録に留まらず、リソースとなります。
  • Teams対Slackのジレンマ: TeamsかSlackかを検討中であれば、この機能がSlackを選ぶ決め手になるかもしれません。

プライバシー第一

  • 公開チャネルのみ: お客様のプライバシーを尊重します。それゆえに、この機能は公開チャネル専用です。
  • 除外項目: プライベートチャネル、DMグループ、およびダイレクトメッセージ(DM)は、機密性を確保するためにそのままにされます。

Slack 内検索機能は、便利さとプライバシーのバランスを取ることへの弊社のコミットメントを証明しています。試してみて、Slack での体験を変革しましょう!


新リリースの更新情報などは、Twitterをフォローし、YouTubeチャンネルをご覧ください。『Q, ChatGPT for Slack』で貴社の生産性を最大限に高めるチャンスをお見逃しなく!

14-days free trial.
No credit card required.
The first day of the trial is GPT-4!

Copyright 2024 Suchica, Inc. All rights reserved.